So-net無料ブログ作成
検索選択

編集部ブログ RSS

スタッフ紹介


ポメラ DM100の“渋すぎる”進化に惚れた!

 [ビジネスツール]

okabe2.jpg

こんにちは。編集部デスク岡部です。

一部の層から熱烈な支持を集めるキングジムのデジタルメモ「ポメラ」。私も初代モデル『DM10』からのユーザーなわけですが、今日その最新モデル『DM100』が発表されました。

01_DSC01267.jpg
02_DSC01239.jpg
03_DSC01265.jpg
04_DSC01259.jpg

パッと見で一番変わったのはキーボードがストレート型なこと。
折りたたみ型じゃなくなった!

05_DSC01289.jpg

上の写真の左側にあるのは一昨年発売されたロングセラーモデル『DM20』。「ポメラ」と言えば、のメカメカしい折りたたみキーボードが目をひきます。

で、今回の『DM100』。「ポメラ」の特徴である折りたたみキーボードではなく、あえてストレート型を採用した理由は、「打ちやすさの追求」にあるとのこと。

06_DSC01288.jpg

キーピッチにゆとりができました。画面も5.7インチとシリーズ最大に。実際、このブログの文章は『DM100』のサンプル機で打っていますが、既存の「ポメラ」とはキーを叩いている感覚がかなり異なります。従来のキーボードはあくまでもちょっとしたメモや短文を書く用途に作られている感じでしたが(「デジタルメモ」なので、用途としてはそれが正しいんだけど)、今回の『DM100』の場合は長時間打っていても疲れない、と言うか、キーボードの小ささをあまり意識せずに文章入力できる。

キー入力しやすくなっただけじゃありません。『DM100』は本格的なテキスト入力のための機能が相当増強されています。

07_DSC01269.jpg
バックライト搭載、Bluetooth対応(iPhone始めスマートフォンやタブレットのキーボードとして使える)、国語・英和・和英辞書の内蔵とかいろいろ進化点はありますが、実はそのあたりの“華がある”進化よりも、ああこれはわかってらっしゃる、という一見地味でも細やかな進化に心引かれました。

例えば、PC版ATOKユーザー辞書を取り込めるように。
08_DSC01280.jpg

何と親指シフト対応(キートップシールが付いてます)。し、渋い……。
09_DSC01260.jpg

縦書きもできます。
10_DSC01274.jpg

そして、極めつけ。「フレーム設定」。
11_DSC01283.jpg
1行の文字数、行数を決められるようになりました。この機能を待ち望んでいたライター・記者の人は多いのでは……。

何と言うかこう、かゆいところに手が届く感じの進化なんです。実際、商品開発担当の方のお話によると、プロのライターの声も多く取り入れて作られたそう。

そんなわけで、文章作成の部分で大幅な機能進化を果たした『DM100』。「デジタルメモ」と言うよりは長文をガシガシ打てる「ワープロ」に製品の方向性としては近づいた気がします。
折りたたみ型じゃなかったことを残念に思う人もいるかもですが、従来機はそのまま販売されるそうなので、それぞれの用途に合わせて選べば良いのでは、と。

と言ってみたものの、『DM100』の“いぶし銀”っぷりを目の当たりにしてしまうと、個人的には『DM100』並みの機能を搭載した折りたたみ型モデルもラインナップしてほしいかも……そのへんは今後に期待! ということで。

ページトップへ

執筆陣

デジモノステーション編集部スタッフ

二代目編集長です
八島編集長

編集部歴11年の古参編集者
石田副編集長

ビジュアル機器・ケータイ・PC統括
副編です
岡部副編集長

心はいつでもニュージャージー!
安川デスク
担当:音楽・映画

自称・コーディネーター
益子
担当:グラビア/玩具/ガンダム

草食系を軽く越えた草系男子
吉田
担当:携帯電話/ゲーム

乗り物大好きな元キックボクサー
増谷
担当:クルマ全般/電動アシスト自転車

“おもしろカッコいい”こそが正義!

担当:テレビ/レコーダー

何でもポイントは「楽しさ」!
玉造
担当:オーディオ/ビデオカメラ

遅れてやってきた新米アラフォー編集者
加藤
担当:デジタルカメラ/オーディオ

No Cinema, No Life.
鈴木
担当:映画

気持ちは常に新人
小林
担当:パソコン/タブレットPC

カレンダー


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。