So-net無料ブログ作成

編集部ブログ RSS

スタッフ紹介


新感覚の電動ビークルYikeBikeに乗ってきました!

 [その他]

masutani.jpg

バイクも自転車も好きな乗り物担当の増谷です。
今回はバイクでも自転車でもない、というか両者の間に位置する電動ビークル『YikeBike(ヤイクバイク)』に乗ってきました。

これは電気で動く新しいジャンルの乗り物。
作ったのはニュージーランドのベンチャー企業ですが、現地では自転車として乗られているとか。
人力ではなく、電気の力だけで動くので電動バイクっぽいですが、スピードは23km/hしか出ないので自転車と電動バイクの中間的な位置づけの乗り物です。

まず、ユニークなのはそのデザイン。
乗っている姿はこんな感じになります。
2.jpg

ぱっと見ると「逆向きに乗っているのでは?」と思ってしまうようなデザインですが、この向きで乗るのが正しいのです。
大きめの前輪に組み込まれたモーターで駆動し、その上に座るような感じ。
そして、ハンドルを切るとその前輪に舵角がつきます。

今までにない乗車姿勢なので、乗り始めはちょっと戸惑いましたが、慣れてくると目で見た方向に行ってくれる感じなので、その辺はバイクや自転車と一緒。
車輪が回るジャイロ効果で車体を安定させているので、アクセルを開けた方が安定して走れます。

コーナーリングもバイクと同じく車体を傾けて曲がる感じですが、それほどスピードが出るわけではないので、本当に行きたい方向を見ればそっちに曲がって行ってくれる感じ。
この感覚はとても楽しいです。
3.jpg

『YikeBike』のもう1つの特長は、コンパクトに折りたためること。
軽量なので、たたんでしまえば、こんな風に片手で持ち運ぶこともできます。
1.jpg

この製品は、これだけに乗ってどこかに行くというより、既存の交通機関を活用することをコンセプトに開発されたもの。
例えば駅まで乗って行って折りたたんで電車に乗り、目的地近くの駅からまたこれに乗って駅まで行くというのが、正しい使い方です。
1回の充電で走れる航続距離は約10kmですが、ブレーキを掛けるとモーターを逆回転させる力で充電できる回生ブレーキを搭載しているので、下り坂などが多ければもっと走れます。

デザインや乗車姿勢からコンセプトまで、従来の乗り物とは大きく異なる『YikeBike』。
日本では、法規上自転車にもバイクにも分類できないため、公道での走行はできませんが、写真のカーボンモデルで41万7900円、金属製のフュージョンモデルは26万400円で販売されています。
(※今回の試乗はクローズされたスペースで行なっています)

こうした新感覚の電動ビークル、4月25日発売の『デジモノステーション』でガッツリ紹介しますので、興味を持ってもらえた人は発売日をお待ちください!

ページトップへ

執筆陣

デジモノステーション編集部スタッフ

二代目編集長です
八島編集長

編集部歴11年の古参編集者
石田副編集長

ビジュアル機器・ケータイ・PC統括
副編です
岡部副編集長

心はいつでもニュージャージー!
安川デスク
担当:音楽・映画

自称・コーディネーター
益子
担当:グラビア/玩具/ガンダム

草食系を軽く越えた草系男子
吉田
担当:携帯電話/ゲーム

乗り物大好きな元キックボクサー
増谷
担当:クルマ全般/電動アシスト自転車

“おもしろカッコいい”こそが正義!

担当:テレビ/レコーダー

何でもポイントは「楽しさ」!
玉造
担当:オーディオ/ビデオカメラ

遅れてやってきた新米アラフォー編集者
加藤
担当:デジタルカメラ/オーディオ

No Cinema, No Life.
鈴木
担当:映画

気持ちは常に新人
小林
担当:パソコン/タブレットPC

カレンダー


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。