So-net無料ブログ作成

編集部ブログ RSS

スタッフ紹介


スゴすぎ! 全録機『ガラポンTV参号機』で使える驚きの機能まとめ

 [レコーダー]

okabe2.jpg

こんにちは。副編集長の岡部です。

今年3月に発売されて以来、ずっと気になり続けていた全録機『ガラポンTV参号機』、ついに買っちゃいましたよ!
01.jpg
02.jpg

感想は、と言うと、最高!
「最近テレビ見ないんだよね。何かつまんねーし」って人とか、“今後は放送とネットの融合が課題”みたいなそういう言い回しを聞くたびに何となくもやもやした気分になってた人は、みんな『ガラポンTV』を一度使ってみればいいと思うよ、ほんと!

そんなわけで、すっかり惚れ込んでしまった『ガラポンTV』について今日は書きたいと思います。
そもそもどんなことができるモノなのか。

できること (1)
地デジワンセグ8チャンネル分を最長3カ月分、全部録画。
3カ月分ってことはドラマやアニメを1クール分まるまるカバーします。
03.jpg

できること (2)
録画番組はテレビではなく、スマホやタブレット、PCで視聴する。
外出先からネット経由で再生することもOK。スマホ/タブレットに番組をダウンロードしてオフライン再生もできます。
04.jpg

これが『ガラポンTV参号機』でできることのキホンです。
3カ月分っていうのは、3TBの外付USB HDD(別売)を接続した場合。500GBの内蔵HDDだけでも2週間分保存してくれるので、それで十分っていう人も多そうですね。

これだけの長時間録画が可能なのは、もちろんワンセグだから。
当然ながら画質はそれなり、っていうか「うん、ワンセグだね!」って程度のクオリティなわけですが、それによって実現した超長い全録期間こそが、次から触れる『ガラポンTV』の“凄み”を強烈にブーストしてるんです。

できること (3)
録画番組の検索、口コミからの再生。

……ってさらっと書くとスルーされてしまいそうですが、これが本当にすごい。

例えば。
「じぇ」という言葉を検索してみます。『ガラポンTV』では、EPG検索と番組の字幕情報(番組中の音声を字幕化したもの)を縦横無尽に検索できます。

05.jpg
18番組がヒット。
私が『ガラポンTV』を使い始めてから1週間なので、つまり1週間だけで「じぇ」という言葉が18の番組で発言された、ということ。『あまちゃん』以外でも結構使われてますねー。

06.jpg
で、この字幕部分をクリックすると……

07.jpg
その発言があった箇所から番組が再生されます! じぇじぇじぇ!

08.jpg
それ以外にも番組の探し方を多彩に用意。
もちろん番組のジャンルや日付から選んで再生することも。

09.jpg
話題になっている番組やレビューを見ることも。

さらに、公式ではなく個人の方が運営されているサイト「ガラポンTV用独自Web g256_garapon」の機能は、もっと凄まじいことに!

10.jpg
Twitterのつぶやきランキング。その日一番話題になった番組を、話題になったその瞬間の時刻から見ることができます。

11.jpg
各つぶやきからの頭出し再生も!

12.jpg
番組の字幕情報を全表示。字幕をクリックすると、そのシーンから再生される。
先述の通り、この字幕は全て検索できます。

13.jpg
2ちゃんねる実況板の発言数をグラフ化。最も勢いがあった時刻=注目を集めたシーンを再生できます。

14.jpg
15.jpg
「地図から視聴」機能。番組中に地名が出てきた録画番組を地図上に表示!
「お、先週の『孤独のグルメ』は私が住んでる東中野が舞台だったんだ。見なくては! 」的な感じで使えます。ただしこの機能は首都圏利用者のみ、とのこと。

『ガラポンTV参号機』を使ってみて思ったのが、やっぱりテレビって面白いんですよ。
もちろん、自分の興味を全く惹かない番組も多い(というかほとんどそう)んですが、その中にめちゃくちゃ手間やお金を費やして作られた良質なコンテンツが眠っている。
要はそれにどう出会うか、ということが重要。

『ガラポンTV』でできることって、実はすごくシンプルで、“Webを見る感覚で、テレビが見られる”ということなんですよね。番組単位だけじゃなく、注目度の高いシーンだけをそれこそスキマ時間にチェックできる。スマホでささっとYouTubeを見るみたいに。しかも、スマホやPCからWebサイトやアプリを通じて見るから、なおさらWebとシームレスにつながる感覚が強い。
“そういう文脈”の中でテレビ番組を見ると、あらためてポテンシャル、というか「いや、面白いじゃん、全然」ってことを実感するんです。
同じメディアが、アクセスする方法によってこんなに違う印象になるのかと。すごく興味深い。

『ガラポンTV』、これだけできて、4万1790円(2013年8月16日時点)って、安いと思いますよ。
ほんとおすすめです。

ページトップへ

執筆陣

デジモノステーション編集部スタッフ

二代目編集長です
八島編集長

編集部歴11年の古参編集者
石田副編集長

ビジュアル機器・ケータイ・PC統括
副編です
岡部副編集長

心はいつでもニュージャージー!
安川デスク
担当:音楽・映画

自称・コーディネーター
益子
担当:グラビア/玩具/ガンダム

草食系を軽く越えた草系男子
吉田
担当:携帯電話/ゲーム

乗り物大好きな元キックボクサー
増谷
担当:クルマ全般/電動アシスト自転車

“おもしろカッコいい”こそが正義!

担当:テレビ/レコーダー

何でもポイントは「楽しさ」!
玉造
担当:オーディオ/ビデオカメラ

遅れてやってきた新米アラフォー編集者
加藤
担当:デジタルカメラ/オーディオ

No Cinema, No Life.
鈴木
担当:映画

気持ちは常に新人
小林
担当:パソコン/タブレットPC

カレンダー


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。