So-net無料ブログ作成
検索選択

編集部ブログ RSS

スタッフ紹介


安川達也のエンタメ日誌~サザンオールスターズ

 [エンタメ]

yasukawa.jpg

001.jpg

サザンオールスターズ5年ぶりの復活ライヴに行ってきた。

まさにちょうど5年前。
「またここでみんなと再会したいです。
サザンの屋号を一旦みなさんにお預けしますので、
また帰ってくる日まで、また逢える日まで預かっていてください!」
と再会を誓った約束の地、日産スタジアムで、
待ちに待った7万人ものファンの前についに……。

「(この5年間)私たちにとって一つだけ足りないものがありました!
そうです! このバンド無くしては日本という国がおっ勃ちません!
さぁいよいよ私たちの前にこのバンドが登場します!」
というビッグアナウンスとともに、
サザンのメンバーがステージ上に現われると、
地鳴りが起きたかのような歓声が上がり、
日産スタジアム会場全体が大興奮の渦に包まれた。

002.jpg
2013年8月10日・日産スタジアム(SPEEDSTAR RECORDS提供)

5年振りのライヴは、名曲、ヒット曲、胸キュン曲のオンパレードで、
リリースされたばかりの新曲「ピースとハイライト」から
デビュー曲「勝手にシンドバッド」まで、全32曲を披露した。

(あ、ツアー中につきネタバレになるのでセットリスト掲載は自粛。
 SPEEDSTARのK君も「安川さん絶対に載せちゃダメですよ、ダメ!」と)

「ピースとハイライト」は、現代社会における問題意識を
共有しようというそのテーマ性が既に話題となっているが、
ステージでも現在の世界各国の要人と思しき人物が
巨大なモニタ映像に登場するなど、
メッセージ性の高いステージが繰り広げられた。
♪20世紀で懲りたはずでしょう?(ここのコーラス好き!)

新曲と言えば、原由子が作詞を手掛け、
ヴォーカルも務めた「人生の散歩道」では
NHK人気ドラマ『あまちゃん』のパロディ演出で楽しませ、
これには会場も大喜び!じぇじぇじぇ!!!

デビュー10周年時の「みんなのうた」、
同じく25周年時の「涙の海で抱かれたい~SEA OF LOVE~」など、
この35年の全ての時代を網羅した選曲で観客を魅了。
「みんなのうた」では定番の桑田による放水も久々に行なわれ、
アリーナ前方のファンは狂喜乱舞していた(ようだ。ちょっと羨望)。

さて、夏の終わりには、
桑田佳祐の生まれ故郷、
湘南・茅ヶ崎ライヴも控えている。
13年前の大凱旋ライヴは大合唱の「希望の轍」で始まった。
2度目となる聖地ステージは、どんな幕開けとなるのか、
日産スタジアムの感動再現となるのか……はたまた。
とりあえず「茅ヶ崎に背を向けて」寝るのはやめておこうかな。
2013年夏、胸熱のMiss Brand-New Daysは続く……。

WOWOW presents
サザンオールスターズ
SUPER SUMMER LIVE 2013
「灼熱のマンピー!! G★スポット解禁!!」
supported by Volkswagen Golf

8月10日(土)11日(日)日産スタジアム(公演終了)
8月17日(土)18日(日)神戸総合運動公演ユニバー記念競技場(公演終了)
8月31日(土)9月1日(日)茅ヶ崎公園野球場
9月7日(土)8日(日)豊田スタジアム
9月22日(日)宮城スタジアム
詳細はSAS応援団OFFICIAL FANCLUBまで
http://special.sas-fan.net/special/sas35th/live/

茅ヶ崎公園野球場のライブ・ビューイング開催决定!
8月31日(土)9月1日(日)全国の映画館
詳細はライブ・ビューイング・ジャパンまで
http://www.liveviewing.jp/index.html

003.jpg
5年ぶり通算54枚目のシングル発売中!
サザンオールスターズ
「ピースとハイライト」
発売中
TAISHITA LABEL/SPEEDSTAR RECORDS/Victor Entertainment
【“胸熱35”カートンBOX】2500円 CD+納涼サマーポンチョ写真
【通常盤】1400円 CD
【アナログ盤】2200円 レコード+“胸熱”ロゴ特大ステッカーシート
*“SUPER SUMMER LIVE 2013”ライヴ会場でしか手に入らない
【会場限定盤】も発売中!


ページトップへ

執筆陣

デジモノステーション編集部スタッフ

二代目編集長です
八島編集長

編集部歴11年の古参編集者
石田副編集長

ビジュアル機器・ケータイ・PC統括
副編です
岡部副編集長

心はいつでもニュージャージー!
安川デスク
担当:音楽・映画

自称・コーディネーター
益子
担当:グラビア/玩具/ガンダム

草食系を軽く越えた草系男子
吉田
担当:携帯電話/ゲーム

乗り物大好きな元キックボクサー
増谷
担当:クルマ全般/電動アシスト自転車

“おもしろカッコいい”こそが正義!

担当:テレビ/レコーダー

何でもポイントは「楽しさ」!
玉造
担当:オーディオ/ビデオカメラ

遅れてやってきた新米アラフォー編集者
加藤
担当:デジタルカメラ/オーディオ

No Cinema, No Life.
鈴木
担当:映画

気持ちは常に新人
小林
担当:パソコン/タブレットPC

カレンダー


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。