So-net無料ブログ作成

編集部ブログ RSS

スタッフ紹介


シロモノ家電担当の新人です。

 [シロモノ家電]

miyagawa.jpg

はじめまして、今月からシロモノ家電を担当すべく、デジモノ編集部にお邪魔することになりました宮川です。よろしくお願いします。
ちなみに今欲しいシロモノ家電はサイクロン掃除機。クロモノ家電だとBoseのBluetoothスピーカーが欲しいです、ちっちゃいやつ(笑)。

さて。では新人のくせにネタバレしてみます。
私がいよいよ編集部に本格参入する9/25発売の11月号の特集でご紹介するシロモノ家電は、新米の美味しい季節到来!!! ということで「炊飯器」です。
新製品もたくさん出ていますが、どのメーカーさんの製品にも気になるオリジナル機能が付いていてスゴイ。どれを買おうか本当に目移りしてしまいます。
そんな中、大変気になっているのがこちらの、「象印 圧力IHジャー 極め羽釜NP-WS10」。

01.jpg

だってこれ、「我が家炊き」という機能がございましてね、炊飯器がね、「この間炊いたご飯、どうでした?」って、聞いてくれるんですよ?
この機能を正確にお伝えするとですね、まず、炊飯の際にお米を洗って、お釜に水を入れ、炊飯器にセットしますね? そこで「我が家炊き」のボタンを押すと、液晶に質問が出てくるわけです。「我が家炊きの炊きあがりはいかがでしたか?」と(まあ、そうは書いてないですけど……)。
で、我々は、前回の炊きあがりを思い出して、「かたさ」を三段階から(やわらかい、よい、かたい)、「粘り」を三段階から(弱い、よい、強い)から選んで、ボタンを押すわけです。
すると! 食感や味がより自分好みに調整されたごはんが炊きあがる! という機能なのです。

02.jpg

美味しいご飯が炊きたくて、土鍋使ったり、長時間水に浸けたり、精米器買ってみたり、お酢入れたり、竹炭入れたり、過去、人間は知恵を絞っていろんな技を試みてきたわけですよ。

ですがもうね、そんな必要はございまぜん。なにもかも炊飯器にお任せすれば、毎日毎朝、本当に美味しい、つやつや&ぴかぴかのご飯が炊けてしまうわけです。

すごい…そのうち、炊飯器とおしゃべりできるようになる日もそう遠くはないな、と夢見がちなことを思う宮川なのでした。

次号ではこういったデキる!機能を持った炊飯器たちが炊いたご飯を、食べ比べたりしようと思っております。詳細レポート、ぜひご期待下さい。

タグ:炊飯器
ページトップへ

執筆陣

デジモノステーション編集部スタッフ

二代目編集長です
八島編集長

編集部歴11年の古参編集者
石田副編集長

ビジュアル機器・ケータイ・PC統括
副編です
岡部副編集長

心はいつでもニュージャージー!
安川デスク
担当:音楽・映画

自称・コーディネーター
益子
担当:グラビア/玩具/ガンダム

草食系を軽く越えた草系男子
吉田
担当:携帯電話/ゲーム

乗り物大好きな元キックボクサー
増谷
担当:クルマ全般/電動アシスト自転車

“おもしろカッコいい”こそが正義!

担当:テレビ/レコーダー

何でもポイントは「楽しさ」!
玉造
担当:オーディオ/ビデオカメラ

遅れてやってきた新米アラフォー編集者
加藤
担当:デジタルカメラ/オーディオ

No Cinema, No Life.
鈴木
担当:映画

気持ちは常に新人
小林
担当:パソコン/タブレットPC

カレンダー


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。