So-net無料ブログ作成
検索選択

編集部ブログ RSS

スタッフ紹介


女優という人種は新人でもコワイ[松岡茉優 編]

 [グラビア]

masuko.jpg

巻末グラビア「ビジョメガネ」担当の益子です。
先日発売されたばかりの『デジモノステーション 10月号』の「ビジョメガネ」には、女優の松岡茉優さんにご出演いただきました。

この名前にピンと来なくても、朝ドラ『あまちゃん』や映画『桐島、部活やめるってよ』『悪の教典』を観た人なら絶対に知ってる顔でしょう。

001.jpg
「ビジョメガネ」Vol.139  松岡茉優

『あまちゃん』では、劇中アイドルグループ「GMT5」のリーダーで埼玉代表の入間しおり役、数々の映画賞を受賞した『桐島、部活やめるってよ』では、性悪リア充帰宅部の沙奈役(あの嫌な後味しか残らないキスシーンでおなじみ)を好演。
ドラマ通からの評価が高かった『鈴木先生』にも出演し、近年、制作陣がキャスティングに強烈なこだわりを持って作られた良作ほんとどに顔を出し、それぞれで全く異なるキャラクターを演じております。
「え、アレとアレって同じ子がやってたんだ」という声も聞くぐらいのカメレオン女優。
しかも、このキャリアながらまだ19歳。

観てきた作品のせいか、どこにでもいそうないわゆる名脇役タイプで、“グラビア的”ではないのではと思っていたのですが、さにあらず。
以前、巻頭グラビア「読書少女」(現「彼女の音」)の撮影現場に立ち会ったのですが、彼女をそう決めつけていた自分を恥じました。

感じていた「どこにでもいそう感」はあくまでも演技。
早くからこの業界で活躍していた(元おはガール!)ことが裏付けるプロとしてのルックスの良さ、そして他の女優には感じたことのないような独特の存在感を持ち、それを見せ付けられた僕は「ああ、これが女優というものだった……」と『猿の惑星』の主人公ように、がっくりと膝を落としたのでした。

その時の勝手な固定概念を恥じ、そこで可愛い松岡茉優さんの魅力を「ビジョメガネ」読者のアナタにも感じてもらいたくて、今回は構成しています。
ぜひともご覧くださいまし。

いやあ、ホントに女優という人種はコワイコワイ……。


ページトップへ

執筆陣

デジモノステーション編集部スタッフ

二代目編集長です
八島編集長

編集部歴11年の古参編集者
石田副編集長

ビジュアル機器・ケータイ・PC統括
副編です
岡部副編集長

心はいつでもニュージャージー!
安川デスク
担当:音楽・映画

自称・コーディネーター
益子
担当:グラビア/玩具/ガンダム

草食系を軽く越えた草系男子
吉田
担当:携帯電話/ゲーム

乗り物大好きな元キックボクサー
増谷
担当:クルマ全般/電動アシスト自転車

“おもしろカッコいい”こそが正義!

担当:テレビ/レコーダー

何でもポイントは「楽しさ」!
玉造
担当:オーディオ/ビデオカメラ

遅れてやってきた新米アラフォー編集者
加藤
担当:デジタルカメラ/オーディオ

No Cinema, No Life.
鈴木
担当:映画

気持ちは常に新人
小林
担当:パソコン/タブレットPC

カレンダー


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。