So-net無料ブログ作成

編集部ブログ RSS

スタッフ紹介


最高にぞーっっとする映画『凶悪』

 [映画]

suzuki.jpg

なかなか猛暑が終ってくれませんね。
心身ともに疲れ気味の、映画担当鈴木です。

そんな弱った頭と体を一気に吹き飛ばされるかのような映画を
試写で観ました。

映画『凶悪』
9月21日より新宿ピカデリーほか全国公開
監督 白石和彌
出演 山田孝之、ピエール瀧、リリー・フランキー、池脇千鶴
©2013「凶悪」製作委員会
www.kyouaku.com

1.jpg

見てください、このリリーさんの、完全にイっちゃってる目を!!
これまで“いいおじさん”役が多かったリリー・フランキーさんですが、
この作品では、一見“人のよさそうなおじさん”が秘める、そこはかとない悪どさを
生々しいくらいリアルに演じていて、鳥肌がたちました。ほんと怖い(泣)

2.jpg

元になっているのは、実際に起こった連続殺人事件。
死刑判決を受けた男が、日本を震撼させた殺人事件に関して、
獄中から、その真相を告白し始めます。
それは、殺された被害者がまだ複数存在すること、
そしてその首謀者は、まだシャバでのうのうと暮らしているが、
警察もその真実は知らないということ。
独白を聞いたある雑誌記者は、半信半疑ながらも徹底的に事件を洗い出し、独自の取材を重ねて行くと、衝撃の事実が明らかになっていく。そしてその記事は、本当の“凶悪者”を追いつめて行く――という白熱の犯罪ドキュメント。

3.jpg

その雑誌記者役を山田孝之さん、
告発する死刑囚役をピエール瀧さん、
彼を翻弄する首謀者“先生”役をリリー・フランキーさん、
そして紅一点になるのが、記者の妻役に池脇千鶴さんが演じてるのですが、
ほんとに、「みんな違って、みんないい」!すごくいい。
脇を固める俳優陣も安定のクオリティで、
白川和子さんや廣末哲万さんが、またいい味出してるんだ、これが。

4.jpg

終盤で本当に気分が悪くなってしまい、
中座しようかと思ったのですが、ガマンして最後まで観てよかった。
本当の意味で、最高に気分が悪くなるラストシーンがすごすぎて
完全にノックアウトされました。

人が無自覚に持つ、それぞれの“凶悪さ”に気づかされるし、
それが観客である自分に返ってくるラストが圧巻。
最後の演出は、リリーさんのアドリブで生まれたとか。
役者も脚本も秀逸、そして何より白石監督の演出手腕に一目惚れしました。
(故・若松孝二監督の若松プロダクション出身の監督だと聞いて、納得です。)

5.jpg
▲撮影中の白石和彌監督

映画って、現実から離れて非現実を観に行くことが多いですが、
この作品は、映画が終わった後に、とても無傷ではいられないほどに
“一観客”ではいられなくなる映画です。
でも、途中で、精神的に過酷に追いつめられる描写もある骨太な作品なので、
体調と相談した上で、観に行くのをおすすめしたい(笑)です。
私の中では、“園子温監督の『冷たい熱帯魚』越え”した、
今年の邦画No.1です。

10万部のベストセラーになったノンフィクション小説の原作もおすすめ。
(佐藤優の解説もおもしろい)眠れなくなります。

6.jpg
『凶悪―ある死刑囚の告発』新潮45編集部(新潮文庫)580円

映画とは関係ありませんが、『新潮45』の今月号、おもしろかったです!
そうそう、その雑誌記者・藤井役のモデルになった宮本太一さんは、
その後『新潮45』の編集長を経て、現在『週刊新潮』の副部長です。
“藤井”がその後どうなったのか、聞いてみたいなぁ。


ページトップへ

執筆陣

デジモノステーション編集部スタッフ

二代目編集長です
八島編集長

編集部歴11年の古参編集者
石田副編集長

ビジュアル機器・ケータイ・PC統括
副編です
岡部副編集長

心はいつでもニュージャージー!
安川デスク
担当:音楽・映画

自称・コーディネーター
益子
担当:グラビア/玩具/ガンダム

草食系を軽く越えた草系男子
吉田
担当:携帯電話/ゲーム

乗り物大好きな元キックボクサー
増谷
担当:クルマ全般/電動アシスト自転車

“おもしろカッコいい”こそが正義!

担当:テレビ/レコーダー

何でもポイントは「楽しさ」!
玉造
担当:オーディオ/ビデオカメラ

遅れてやってきた新米アラフォー編集者
加藤
担当:デジタルカメラ/オーディオ

No Cinema, No Life.
鈴木
担当:映画

気持ちは常に新人
小林
担当:パソコン/タブレットPC

カレンダー


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。