So-net無料ブログ作成
検索選択

編集部ブログ RSS

スタッフ紹介


見た目も気になる人のためのヘッドホンBEST5

 [ヘッドホン]

tamatsukuri.jpg

みなさんこんにちは。締め切り日のブログ担当・玉造です。
実は前々からちょいちょい、「なんでいつも締め切り日なの?」とこのブログでも訴えています……。

さてさて、今月も激忙しい日どりのブログですが、
唐突にこんな企画をやってみたいと思います!

このブログのタイトル通りですが、名付けて

「(玉造的)見た目も気になる人のためのヘッドホンBEST5」!!(強調)

ヘッドホンってデジタルグッズの中では
数少ない「身に着けるモノ」なんですよね。

だから少しだけほかのデジタルグッズよりも
製品選びの際に「見た目」を気にする比重は高くあるべき。

という思いが、この締め切り日に爆発したので(?)
玉造の主観たっぷりですが、「見た目が良い!」というヘッドホンを5本発表したいと思います!
今回は特に見た目に影響が出るオーバーヘッド型限定で!

では早速いっちゃいましょう!


【第5位】
KEF『M500』
価格:3万6750円
1.jpg

英国のスピーカーメーカー「KEF」が
初めて開発したヘッドホン製品です。
ペアで何十万円とかするスピーカーを作っているメーカーなので、
確実に10万円超えだろうと思っていたら
想像よりはグッと身近な値段でした。

これは今年の春に発表されてからずっと気になっているモデルです。
ハウジングに余計なギミックを一切つけていないのが、とてもいさぎの良いデザインだと思います。

実際触れていないので多くは語れないのですが
ハウジングとアルミフレームのバランスとか、
画像で見るだけでもとっても好きなデザインなので期待値も込めて5位に。

【第4位】
マランツ『B&W P3』
実勢価格:2万4500円
3.jpg

パッキリした青もスタイリッシュにまとめているのに驚いた一本。
モノ自体のカッコ良さは抜群だと思うのですが、これを着けこなせる自信はないなー。
こういうビビッドなカラーリングってなかなか日常で使いこなせないですよね。

間違えるとチープになりそうな感じですが、
そこをキレイにまとめているのは
やっぱりハウジングのアルミの高級感でしょう。

【第3位】
ゼンハイザー『MOMENTUM On-Ear』
実勢価格:2万1800円
2.jpg

今年から初登場したゼンハイザー「MOMENTUM」シリーズから
早くも続けて発表されたオンイヤーモデルです。
ヘッドバンドのイタリア製の合皮や、ハウジング中心にあるステンレスのロゴと言い
ラグジュアリー感満載。
色合いも、カラフルだけど落ち着いた配色なのがツボです。
男女問わずいけそうなトーンですね。
ちなみについ先日、従来の4色にブラックブラウン、レッドが加わり
7色ものカラバリが揃っています。

個人的に試聴したことがあるのですが、
中高域が良く出る印象で、楽曲全体が晴れやかな鳴り。
持ってみると、かなり軽いのも好印象でしたねー。


【第2位】
Parrot『Parrot Zik』
実勢価格:3万9700円
4.jpg

もう一年以上前のモデルですが、まだ私はこのヘッドホンがほしい! 
未来的かつシャープな印象の全体像にキュンキュンします。
実際見るとハウジングがかなり厚いので、人を選びそうではありますが、
髪の長い女性だと厚みも隠れて似合いそう。
ていうか、私はこのヘッドホン付けてる女性がいたら、絶対好きになる自信がある。


【第1位】
Bose『QuietComfort 15 Acoustic Noise Cancelling headphones - Limited Edition』
実勢価格:3万1500円
5.jpg

本日発表されたBoseのノイズキャンセリングヘッドホン限定モデル!
通常の『Quiet Comfort 15』は黒とシルバーの2色でしたが、
このモデルはヘッドバンド、イヤーパッド部はブラウンがあしらわれています。

というか、Boseでブラウンって今までなかった……はず?
その目新しさもそうですが、なんかこれすっごい
「ファンタジー」な感じがして気になってるんですよね。

昔やっていたRPGの勇者が着けてる防具にありそうな配色というか……。
ハウジングデザインとかまさにそんな感じがします。
ていうか、元モデルの配色を反転させてるだけなんですが、
挿し色のブラウンが、クラシック感も与えてて、今までのBoseにない魅力を感じます。


……と、まあまた校了日にだらだらと何を書いてんだって
言われそうですが、今このランキングやってみて思ったのは、

「結構オレってヘッドホンの見た目に萌えてるな!」
ってこと。

なんかこういうヘッドホンのビジュアルを
突き詰める連載企画をやってみたいものです。

……ということで、そろそろガチでやばいので
今月号の締め切り作業に戻りますー!



ページトップへ

執筆陣

デジモノステーション編集部スタッフ

二代目編集長です
八島編集長

編集部歴11年の古参編集者
石田副編集長

ビジュアル機器・ケータイ・PC統括
副編です
岡部副編集長

心はいつでもニュージャージー!
安川デスク
担当:音楽・映画

自称・コーディネーター
益子
担当:グラビア/玩具/ガンダム

草食系を軽く越えた草系男子
吉田
担当:携帯電話/ゲーム

乗り物大好きな元キックボクサー
増谷
担当:クルマ全般/電動アシスト自転車

“おもしろカッコいい”こそが正義!

担当:テレビ/レコーダー

何でもポイントは「楽しさ」!
玉造
担当:オーディオ/ビデオカメラ

遅れてやってきた新米アラフォー編集者
加藤
担当:デジタルカメラ/オーディオ

No Cinema, No Life.
鈴木
担当:映画

気持ちは常に新人
小林
担当:パソコン/タブレットPC

カレンダー


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。