So-net無料ブログ作成
検索選択

編集部ブログ RSS

スタッフ紹介


女優という人種は新人でもコワイ[松岡茉優 編]

 [グラビア]

masuko.jpg

巻末グラビア「ビジョメガネ」担当の益子です。
先日発売されたばかりの『デジモノステーション 10月号』の「ビジョメガネ」には、女優の松岡茉優さんにご出演いただきました。

この名前にピンと来なくても、朝ドラ『あまちゃん』や映画『桐島、部活やめるってよ』『悪の教典』を観た人なら絶対に知ってる顔でしょう。

001.jpg
「ビジョメガネ」Vol.139  松岡茉優

『あまちゃん』では、劇中アイドルグループ「GMT5」のリーダーで埼玉代表の入間しおり役、数々の映画賞を受賞した『桐島、部活やめるってよ』では、性悪リア充帰宅部の沙奈役(あの嫌な後味しか残らないキスシーンでおなじみ)を好演。
ドラマ通からの評価が高かった『鈴木先生』にも出演し、近年、制作陣がキャスティングに強烈なこだわりを持って作られた良作ほんとどに顔を出し、それぞれで全く異なるキャラクターを演じております。
「え、アレとアレって同じ子がやってたんだ」という声も聞くぐらいのカメレオン女優。
しかも、このキャリアながらまだ19歳。

観てきた作品のせいか、どこにでもいそうないわゆる名脇役タイプで、“グラビア的”ではないのではと思っていたのですが、さにあらず。
以前、巻頭グラビア「読書少女」(現「彼女の音」)の撮影現場に立ち会ったのですが、彼女をそう決めつけていた自分を恥じました。

感じていた「どこにでもいそう感」はあくまでも演技。
早くからこの業界で活躍していた(元おはガール!)ことが裏付けるプロとしてのルックスの良さ、そして他の女優には感じたことのないような独特の存在感を持ち、それを見せ付けられた僕は「ああ、これが女優というものだった……」と『猿の惑星』の主人公ように、がっくりと膝を落としたのでした。

その時の勝手な固定概念を恥じ、そこで可愛い松岡茉優さんの魅力を「ビジョメガネ」読者のアナタにも感じてもらいたくて、今回は構成しています。
ぜひともご覧くださいまし。

いやあ、ホントに女優という人種はコワイコワイ……。


ページトップへ

9月号の「ビジョメガネ」は川島海荷さんです。

 [グラビア]

masuko.jpg

巻末グラビア担当の益子です。
夏場の撮影では、撮影の合間に出演者を含めたみんなでコンビニに入ってアイスを買ったります。

さて、発売中の9月号の「ビジョメガネ」には、女優・ガールズユニット「9nine(ナイン)」の一員として活躍する川島海荷さんにご登場いただきました。

001.jpg
「ビジョメガネ」Vol.138 川島海荷
写真:tsukao
スタイリング:カミモトリサ(CORAZON)
ヘアメイク:本田弓子

連載も12年続きますと、登場していただく方が2回目3回目となることがあります。
川島海荷さんは今回が2回目のご出演。
1回目が2009年7月号なので、15歳の時。
当時はドラマ『怪物くん』などに出演する前の若手でしたが、可愛らしさにしっかりとした個性と存在感があったので「この子は絶対伸びる!」と思ったものでした。
その後にガールズユニットの一員になることは全く予想できませんでしたが(笑)。

あれから4年。
19歳になり、前髪を作ったりして顔立ちは大人っぽくなっています。
成長した彼女を読者へどう見せたいか。
1回目と異なるフォトグラファーを起用してどう変化を見せるか、今の年齢にあったスタイリングとは……などと、そんなルーチンで現場に臨んだので、編集者的にはいつもと違う「ビジョメガネ」でした。

雰囲気にもかなりの変化が。
1回目は、高校1年生らしい無邪気な元気さがあふれてました。
2回目の今回は、人と人との間に壁を感じさせない親しみやすさがありつつも、その奥に堂々とした落ち着きを感じました。
これはフォトグラファーのtsukaoさんも言っていました。
19歳ながらも感じさせるこの風格。
芸能界に入ると通常より3倍早く成長する」なんて言葉を聞いたことがありますが、川島海荷さんはまさにそれ。
芸能界恐るべし、です。
タグ:川島海荷
ページトップへ

『あまちゃん』では、能年玲奈派? 橋本愛派? いや、オレは有村架純派

 [グラビア]

masuko.jpg

巻末グラビア「ビジョメガネ」担当の益子です。
NHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』が大人気ですね。
かの映画評論家・町山智浩さんが「朝ドラ史上で傑作の1つ」なんてラジオで言っていたり。
僕もレコーダーで録画したものを一気観するのが、週末の楽しみになっています。

そんな中で、今月(2013年8月号)の「ビジョメガネ」には有村架純さんにご登場いただきました。
『あまちゃん』でいうところの、小泉今日子演じる春子の少女時代を演じているあの子です。
聖子ちゃんパーマのあの子です。

毎週更新のWeb版ビジョメガネはこちらから↓↓↓↓↓
001.jpg

主人公のアキ役の能年玲奈と友人・ユイ役の橋本愛の存在は、言わずと知れたものになっているのでここで特筆しませんが、それほど多くない出番の中で強烈な印象を残している有村架純さんには、今後より一層の注目をせざるを得ないと思わせるのです。

極私的ですが。
劇中の回想シーンで、夏ばっぱに東京行きを懇願する時のあの強い眼差しにがっちりやられてしまい、若手ながらも「女優」という人種の凄さを感じました。

そのシーンをグラビアで……というのは無理がありますが、有村架純さんが持つあどけなさと芯の強さとの二面性を表現したいと現場に臨み、写真の構成を苦心しました。

今回の撮影は、『あまちゃん』にオマージュを捧げるべく海を想起させる場所を選んだのですが、構成上写真が小さくなってしまいまして……。
ですので、海感が最も出ている目次ページの写真もぜひ見ていただきたいです。



連続テレビ小説『あまちゃん』公式サイト
http://www1.nhk.or.jp/amachan/

有村架純マネージャーによるツイッター(@Kasumistaff)
https://twitter.com/Kasumistaff

ページトップへ

今月のビジョメガネ・山本美月は、ただのモデル系ではなかった。

 [グラビア]

masuko.jpg

女優アイドルにメガネをかけさせ続けて14年。
巻末グラビア「ビジョメガネ」担当の益子です。

先日発売された『デジモノステーション』7月号のビジョメガネには、山本美月さんに登場いただきました。

毎週更新のWeb版はこちらから。
001.jpg
ビジョメガネ|山本美月|ONLINE デジモノステーション

女性ファッション誌『CanCam』の専属モデルとして絶大な人気を持ちつつ、女優としての活動も目立ってきております。
バラエティ番組で見た人も多いでしょう。

編集部の20代前半女子に「次のビジョメガネは山本美月だよ」と話したら、「『CanCam』のあの山本美月ですよね。やばいですね」と熱いリアクションが。

肢体の長い抜群のスタイルもあり、女性にとっては「モデル・山本美月」で認識されていますが、僕は映画『桐島、部活やめるってよ』で初めてその存在を知ったので、「女優・山本美月」として認識してました。
劇中では桐島の彼女・梨紗役で、「中学生の時に大学生と付き合っていた」という噂が立つほどのクールな学校一の美女を好演。

そんなイメージを抱いて今回の撮影に臨んだので、最初は「モデル系の女子は苦手だなあ」とびびっていたのですが、話していると全く違うキャラクターでした。
「今クールのアニメで好きなのは……」とか、「あのアニメのエンディングが……」と、自分の好きなものを嬉々としてマイペースに語り出す、どちらかと言えば、『桐島、』の“映画部”側の人でした(笑)。

山本美月さんは今後数多くの映画出演が控えており、その中の一つ『黒執事』へ出演が先日発表されました。
そこにはなんとメイド役で!
この出演を機に、僕も感じたギャップが前面に出てくると思われます。

ちなみに、名前の読みは「みつき」ではなくて「みづき」とのことです。

ページトップへ

えっ、能年玲奈を知らない人っているの?

 [グラビア]

masuko.jpg

巻末グラビア「ビジョメガネ」の編集担当・益子です。

NHKの連続テレビ小説『あまちゃん』が話題となっていますね。
“朝ドラ”は小学生以来見てなかったのですが(『澪つくし』くらいまでは覚えてる……)、主演・能年玲奈、脚本・宮藤官九郎ということで久しぶりに観続けています。

そんな能年玲奈さんは昨年、「ビジョメガネ」にも出演いただいています。

126.jpg
http://www.digimonostation.jp/glasses/vol126.html

「ビジョメガネ」出演前。
巻頭グラビア「読書少女」(現在は「彼女の音」)の撮影に立ち会った際にその存在感に衝撃を受け、これは早く「ビジョメガネ」にも出てもらわないと売れっ子になって取材時間が出なくなるぞと焦って即オファー。数カ月後には出演いただきました。

実物には『あまちゃん』で見せている以上の天真爛漫かつ天然さが。
ドラマで見せているあの猫背は素ですね(笑)。

僕が考えるスターの法則でもある「どの角度から切り取ってもかわいい(きれい)」がそこにあり、かつ現場から何かを吸収していこうという仕事への意思も感じられ、これは写真・映像に関わる全ての人が仕事したいと思わせるのは間違いないし、それこそがスターの条件の一つだ……と客観的評価をして現場で冷静を装ってました。

クドカン脚本による“朝ドラ”っぽくない(というほど見てませんが)ひねたセリフ回しにニヤリとし、登場する袖ヶ浜の人々全員に感情移入していく毎日。
ホームドラマが苦手な自分がここまで楽しんでいることに、「じぇじぇじぇ('jjj')」と驚いています。

ページトップへ
前の5件 | - グラビア ブログトップ

執筆陣

デジモノステーション編集部スタッフ

二代目編集長です
八島編集長

編集部歴11年の古参編集者
石田副編集長

ビジュアル機器・ケータイ・PC統括
副編です
岡部副編集長

心はいつでもニュージャージー!
安川デスク
担当:音楽・映画

自称・コーディネーター
益子
担当:グラビア/玩具/ガンダム

草食系を軽く越えた草系男子
吉田
担当:携帯電話/ゲーム

乗り物大好きな元キックボクサー
増谷
担当:クルマ全般/電動アシスト自転車

“おもしろカッコいい”こそが正義!

担当:テレビ/レコーダー

何でもポイントは「楽しさ」!
玉造
担当:オーディオ/ビデオカメラ

遅れてやってきた新米アラフォー編集者
加藤
担当:デジタルカメラ/オーディオ

No Cinema, No Life.
鈴木
担当:映画

気持ちは常に新人
小林
担当:パソコン/タブレットPC

カレンダー


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。