So-net無料ブログ作成

編集部ブログ RSS

スタッフ紹介


単行本『オトナ☆漫画』、おかげさまで好評発売中です!

 [書籍]

okabe2.jpg

こんにちは。副編集長の岡部です。

本誌から飛び出したマンガ家、ニコ・ニコルソン氏の単行本『オトナ☆漫画』。
デジモノステーションの4年にわたる“マンガ感想マンガ”連載、52作品分をぎゅぎゅっと1冊にまとめた単行本です。

001.jpg
『ニコ・ニコルソンのオトナ☆漫画』

4月19日に発売されて以来、おかげさまで好評頂いてます!

三省堂書展 新横浜店さんではフェアまで開催して頂き……(本当ありがたや……)
002.jpg

そして、紀伊國屋書店 新宿本店さんでも平積み、サイン色紙も展示して頂き……(ありがたやありがたや……)
003.jpg

読者さん・書店員さんのおかげでじわりじわりと広がっております、『オトナ☆漫画』。
まだの方はぜひ、ぜひとも!

こちらでちょこっと試し読みできます!↓
0003.jpg

0004.jpg

ページトップへ

『オトナ☆漫画』単行本、4月19日発売!

 [書籍]

okabe2.jpg

こんにちは。副編集長の岡部です。

さて、今日はご報告です。
マンガで要注目マンガ作品をガイドするという、画期的マンガコラム『オトナ☆漫画』。
デジモノステーション誌上で2008年から続いているマンガ家、ニコ・ニコルソン氏の人気連載(現在は不定期連載)です。

で、このたび、本連載『オトナ☆漫画』の単行本化が決定しました! パチパチパチパチ。
01.jpg

『ニコ・ニコルソンのオトナ☆漫画』

4月19日(金)全国書店にて発売
A5版/エムオン・エンタテインメント

これが、漫画コラムの進化形!! です。
現在鋭意制作中であります。詳報は追って!

……さらに! それだけではありません!!
著者ニコ・ニコルソン氏の単行本、一挙4作品発売、なのです。
02.jpg

3月6日(水)発売!!
『ナガサレール イエタテール』(太田出版 刊)
東日本大震災から2年。泣いて笑って建て直す、
母娘三代の実録自宅再建エッセイ!

3月29日(金)発売!!
『ニコ・ニコルソンのマンガ道場破り』(白泉社・JETS COMICS 刊)
ニコルソンが三浦建太郎・羽海野チカら
人気漫画家に道場破り!!…という名の密着取材。

4月12日(金)発売!!
『ニコニコ妖画』(講談社・ワイドKC Kiss 刊)
河童の小学生・河田くんに、ろくろ首の片想い。
あなたの隣の妖怪たち16編を収録!

4月19日(金)発売!!
『ニコ・ニコルソンのオトナ☆漫画』(エムオン・エンタテインメント 刊)
漫画で描いた漫画ガイド連載4年分。
今、すべてのオトナがたしなむべき漫画はこれだ!

***

いきなり4社合同フェアが組まれるという怒濤の展開となっている新人、ニコ・ニコルソン氏。
来週早くも『ナガサレール イエタテール』が発売されます。
03.jpg

目を離してると置いてかれますぜ。全力でオススメです。

ページトップへ

安川達也のエンタメ日誌~【完全記録 山口百恵】制作日誌(3)

 [書籍]

yasukawa.jpg

構想3年。作業1年とまだ継続中。
伝説から神話となって語り継がれる
永遠のアーティスト・山口百恵の
約8年間の軌跡を綴る
全3章・総ページ660ページにわたる
完全記録「山口百恵」。

受注予約締切り直前!
2月7日(火)まで!!

ということで、
今日は担当編集者の特権として
その中身、
メインとなる蔵出し写真、
見せられるモノをここで
見せちゃいます!!

第1章p002.jpg
1973年7月10日、
『週刊プレイボーイ』掲載用に
カメラマン篠山紀信初の山口百恵撮影
(完全記録「山口百恵」第1章P2掲載)

第1章p033.jpg
1974年6月1日発売
5thシングル「ひと夏の経験」
ジャケット別カット
完全未発表写真
(完全記録「山口百恵」第1章P33掲載)

第1章p045.jpg
1974年12月10日発売
7thシングル「冬の色」
ジャケット別カット
完全未発表写真
(完全記録「山口百恵」第1章P45掲載)

第1章p153.jpg
1978年5月1日発売
22ndシングル「プレイバックpart2」
ジャケット別カット
完全未発表写真
(完全記録「山口百恵」第1章P153掲載)

第1章p160.jpg
1978年6月21日発売
アルバム『THE BEST プレイバック』
ジャケット別カット
完全未発表写真
(完全記録「山口百恵」第1章P160掲載)

第1章p233.jpg
1982年11月21日発売
カセット『山口百恵・全曲集』
ジャケット別カット(撮影は1980年)
完全未発表写真
(完全記録「山口百恵」第1章P233掲載)

第3章p100.jpg
1980年10月5日、日本武道館
“さよならコンサート”
「さよならの向う側」を歌い終え
ステージ中央にマイクを置く瞬間
完全未発表写真
(完全記録「山口百恵」第3章P100掲載)

と、ここまで。

上記を含む
未発表別カット写真が200点以上。
廃盤ジャケットや
懐かしポスターなど
貴重写真も盛りだくさん。

欲しい! と思った方は、
書店では買えないので、
下記をクリック。

あなたの周りの
山口百恵ファンはもちろん
ご両親、恩師、知人への
プレゼントにも最適だけど、
総重量約6kgもあるので
手渡しには不向き(笑)。
責任をもって大切な人へ
お届けするので、ご安心を。

告知はここまで。

第3章を入稿!!!

商品写真.jpg
完全記録「山口百恵」
限定予約発売中!
予約締切り2月7日(火)!!
http://www.catchbon.jp/m/item/itemShw.php?site=B&ima=2336&cd=AAA399
タグ:山口百恵
ページトップへ

安川達也のエンタメ日誌~【完全記録 山口百恵】制作日誌(2)

 [書籍]

yasukawa.jpg

構想3年。
作業1年と絶賛継続中。

伝説から神話となって語り継がれる
永遠のアーティスト・山口百恵の
約8年間の軌跡を綴る
完全記録「山口百恵」。

担当編集者として、
前回Blogでその経緯を記したけれど、
百恵さん引退当時10歳の小学生が
どうして今になって……という声を
嬉しいことにたくさん頂いたので、
この場を借りてもういちど、
あの昭和にプレイバック!

001.jpg
 1980年10月5日・日本武道館。
 完全記録「山口百恵」第3章掲載。

これは以前、本誌コラム
あのコロに、胸キュン。でも
書いたことがあるのだけれど。

百恵さんの“故郷”は神奈川県・横須賀だ。
21歳の引退コンサートステージ上でも
「実際には6年間しか住んでいないけど全ての原点」
と語っている彼女にとっては特別な街。

僕が山口百恵=横須賀を意識したのは、
6歳離れた長兄が
山口百恵のアルバム
『百恵白書』(1977年5月21日発売)
に収録されていた楽曲
「I CAME FROM 横須賀」を教えてくれてからだ。

百恵白書.jpg
 山口百恵
 『百恵白書』
 発売中
 2100円
 Sony Music Direct



三浦半島から東京中心までを貫く、京急。
駅名が散りばめられたクールな歌謡曲だった。
作詞:阿木燿子、作曲:宇崎竜童の黄金タッグ。
横須賀、汐入、追浜、金沢八景、金沢文庫、
上大岡、井土ヶ谷、日の出町、横浜、鶴見……
京急の駅を辿りながら上京していく
スリリングな歌詞だった。
♪駅の名前をソラで言えるの~と
曲の中で歌う百恵さんに対して、
2つ上の次兄と僕は京急全駅の名前を
全部憶えてしまった。あ~懐かしい!

当時の住まいは
南横浜「上大岡」の隣で、
ドン行しか停まらない駅の目の前だった。
♪快速特急 音を立てる~。
歌詞の中同様に通過されてしまうのは、
子供ながらに悔しかったが、
真っ赤なポルシェならぬ
真っ赤な電車で百恵さんと
繋がっているような気がして
子供ながらに嬉しかった。

現在、京急では
快速特急が停まる主要駅では
電車接近メロディとして、
ご当地ソングが使われている。
横須賀中央駅は言わずもがな
山口百恵さん最大のセールス曲
「横須賀ストーリー」だ。

いま。
その横須賀中央駅のホームには、
【完全記録 山口百恵】のポスターを
貼ってもらっている。

山口百恵さんにとって
横須賀が原点であると同時に、
完全記録「山口百恵」
担当編集者としての
僕の原点もあのライン上にある。

横須賀駅1.jpg横須賀駅4.jpg
 1月22日(日)までホーム貼り出し予定の
 完全記録 「山口百恵」のポスター。


つづく。

商品写真.jpg
 完全記録「山口百恵」
 限定予約発売中!
 予約締切り2月7日(火)!!
 http://www.catchbon.jp/m/item/itemShw.php?site=B&ima=2336&cd=AAA399
ページトップへ

安川達也のエンタメ日誌~【完全記録 山口百恵】制作日誌(1)

 [書籍]

yasukawa.jpg

構想3年。作業1年と継続中。
伝説から神話となって語り継がれる
永遠のアーティスト・山口百恵の
約8年間の軌跡を綴る
『完全記録「山口百恵」』の
限定予約受注が本日から始まった。

担当編集者である僕の中では
もしかすると
構想31年間だったのかもしれない。

1980年10月5日、日本武道館。
「私のわがまま許してくれてありがとう。
幸せになります」。
ステージから山口百恵がファンに
向けた最後のメッセージだ。
誰もが祝福した俳優・三浦友和との
21歳の寿引退コンサートだった。
純白のドレスに身をまとい、
涙まじりに「さよならの向う側」を
歌いきった彼女は、ステージ中央に
白いマイクをそっと置き、
舞台裏へと去っていった。

0001.jpg
【完全記録 山口百恵】より


伝説から神話となって語り継がれる
あまりにも有名の国民的歌手・山口百恵の
引退のシーンはテレビで生中継され
多くの視聴者が喝采を送った。

当時10歳だった僕も
ブラウン管の前で見守った。
マイクを置く瞬間の百恵さんは
子供心にも本当に、ムチャクチャ綺麗だった。
恋をする女性は美しいと言われるが、
あの時の百恵さんはそんな典型さえも
凌駕する輝きを放っていたと思う。
あの眩しさは……。

その答えを探すために
僕はCBS・ソニー~
ソニー・ミュージックエンタテインメントに
代々伝わる百恵秘蔵写真箱の紐を解いた……。

(つづく)


002.jpg
完全記録「山口百恵」
限定予約発売中!
http://www.catchbon.jp/m/item/itemShw.php?site=B&ima=2336&cd=AAA399
ページトップへ

執筆陣

デジモノステーション編集部スタッフ

二代目編集長です
八島編集長

編集部歴11年の古参編集者
石田副編集長

ビジュアル機器・ケータイ・PC統括
副編です
岡部副編集長

心はいつでもニュージャージー!
安川デスク
担当:音楽・映画

自称・コーディネーター
益子
担当:グラビア/玩具/ガンダム

草食系を軽く越えた草系男子
吉田
担当:携帯電話/ゲーム

乗り物大好きな元キックボクサー
増谷
担当:クルマ全般/電動アシスト自転車

“おもしろカッコいい”こそが正義!

担当:テレビ/レコーダー

何でもポイントは「楽しさ」!
玉造
担当:オーディオ/ビデオカメラ

遅れてやってきた新米アラフォー編集者
加藤
担当:デジタルカメラ/オーディオ

No Cinema, No Life.
鈴木
担当:映画

気持ちは常に新人
小林
担当:パソコン/タブレットPC

カレンダー


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。