So-net無料ブログ作成
検索選択

編集部ブログ RSS

スタッフ紹介


安川達也のエンタメ日誌~『そして父になる』

 [映画]

yasukawa.jpg

1.jpg

今年5月、
カンヌ国際映画祭コンペティション部門
という最高の舞台で初披露。
是枝裕和監督や主演の福山雅治
スタッフ、キャストは拍手喝采に包まれ、
10分以上にわたる熱烈なスタンディングオベーション!
そして見事「第66回カンヌ国際映画祭審査員賞」を受賞。

審査員長のスティーヴン・スピルバーグ監督は、
初めて観た時から本作が賞に値すると確信したと語り、
審査員の女優ニコール・キッドマンは、
後半1時間涙が止まらなかったという。

カンヌを魅了した『LIKE FATHER,LIKE SON』。
今秋ついに日本公開となる映画『そして父になる』。
先日試写を観た。

2.jpg

6歳になるたったひとりの息子は、
病院で取り違えられた他人の子だった……。
人生に勝ち続けてきたエリートサラリーマン
野々宮良多(福山雅治)は、
突然降りかかった“事件”に戸惑う。
妻みどり(尾野真千子)は
「何で気付かなったんだろう。
私、母親なのに」と自分を責める。
同時に、父親良多は、
優しすぎる息子に抱いていた
不満の意味を知ることになる。

戸惑いながらも相手方の斎木夫妻
(リリー・フランキー、真木ようこ)
と交流をはじめていく。
“血を分けた本当の息子”は、
笑いの絶えない賑やかな家族の中で
3人兄弟の長男として育っていた。

良多は早い方が良いと進言し
息子の“交換”を決める。
だが、良多はその時は
思いもしなかった。
そこから“父”としての
本当の葛藤が始まることを……。

3.jpg

常日頃から
スクリーンに映し出される情景や演技は、
文字通り日常とは一線を画す物語。
と、割りきって楽しんでいる映画鑑賞だが
今回ばかりはそうはいかなかった。

物語は“事件”発覚から約1年間を描く。
映画は野々宮家の長男が5歳の誕生日
迎えるところから始まるのだが、
どうやら7月28日生まれの設定のようだ。

“あれウチの長男もこの前の7月26日に
5歳になったばかりだよな……”
と思った瞬間から、
スクリーンの中の野々宮慶多くんが
自分の息子の姿にしか見えなくなってしまったから
もー大変。

4.jpg

正直、泣くつもりは全くなかった。
でも気が付けばニコール・キッドマンじゃないけれど、
映画の後半は、もう涙、涙、涙。

“いや、福ちゃん、それは間違ってるよ!”
“リリー、あんたの言ってることも正しい”
“ごめんパパを許してくれ……”
って、感情移入マックス。

静かなエンドロールを観ながら、考える。

実の子供か、育ての子か……。
もし自分だったら、一体どうする?
発覚した本当の血のつながりを選ぶのか?
一緒に過ごした時間の延長を選ぶのか?
両方選ぶ、いや両方あきらめる?
家族って一体なんなんだろう?

この日は試写室を出てそのまま帰宅。

9歳の長女と5歳の長男は寝る準備をしていた。
「ご飯何もないってママが言ってるよ」(長女)
「僕のカールあげるよパパ」(長男)
そうかそうか。うんうん。いいよいいよ。
(早く帰宅したオレを不安気に見る妻を横目に)
よし、今日は一緒に寝るぞ!

main.jpg
『そして父になる』
監督・脚本・編集:是枝裕和
出演:福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキー、
風吹ジュン、國村隼、樹木希林、夏八木勲 ほか


2013年9月24日(火)~27日(金)
全国先行ロードショー

2013年9月28日(土)
新宿ピカデリーほか全国ロードショー
配給:ギャガ
© 2013『そして父になる』製作委員会
http://soshitechichininaru.gaga.ne.jp/

ページトップへ

最高にぞーっっとする映画『凶悪』

 [映画]

suzuki.jpg

なかなか猛暑が終ってくれませんね。
心身ともに疲れ気味の、映画担当鈴木です。

そんな弱った頭と体を一気に吹き飛ばされるかのような映画を
試写で観ました。

映画『凶悪』
9月21日より新宿ピカデリーほか全国公開
監督 白石和彌
出演 山田孝之、ピエール瀧、リリー・フランキー、池脇千鶴
©2013「凶悪」製作委員会
www.kyouaku.com

1.jpg

見てください、このリリーさんの、完全にイっちゃってる目を!!
これまで“いいおじさん”役が多かったリリー・フランキーさんですが、
この作品では、一見“人のよさそうなおじさん”が秘める、そこはかとない悪どさを
生々しいくらいリアルに演じていて、鳥肌がたちました。ほんと怖い(泣)

2.jpg

元になっているのは、実際に起こった連続殺人事件。
死刑判決を受けた男が、日本を震撼させた殺人事件に関して、
獄中から、その真相を告白し始めます。
それは、殺された被害者がまだ複数存在すること、
そしてその首謀者は、まだシャバでのうのうと暮らしているが、
警察もその真実は知らないということ。
独白を聞いたある雑誌記者は、半信半疑ながらも徹底的に事件を洗い出し、独自の取材を重ねて行くと、衝撃の事実が明らかになっていく。そしてその記事は、本当の“凶悪者”を追いつめて行く――という白熱の犯罪ドキュメント。

3.jpg

その雑誌記者役を山田孝之さん、
告発する死刑囚役をピエール瀧さん、
彼を翻弄する首謀者“先生”役をリリー・フランキーさん、
そして紅一点になるのが、記者の妻役に池脇千鶴さんが演じてるのですが、
ほんとに、「みんな違って、みんないい」!すごくいい。
脇を固める俳優陣も安定のクオリティで、
白川和子さんや廣末哲万さんが、またいい味出してるんだ、これが。

4.jpg

終盤で本当に気分が悪くなってしまい、
中座しようかと思ったのですが、ガマンして最後まで観てよかった。
本当の意味で、最高に気分が悪くなるラストシーンがすごすぎて
完全にノックアウトされました。

人が無自覚に持つ、それぞれの“凶悪さ”に気づかされるし、
それが観客である自分に返ってくるラストが圧巻。
最後の演出は、リリーさんのアドリブで生まれたとか。
役者も脚本も秀逸、そして何より白石監督の演出手腕に一目惚れしました。
(故・若松孝二監督の若松プロダクション出身の監督だと聞いて、納得です。)

5.jpg
▲撮影中の白石和彌監督

映画って、現実から離れて非現実を観に行くことが多いですが、
この作品は、映画が終わった後に、とても無傷ではいられないほどに
“一観客”ではいられなくなる映画です。
でも、途中で、精神的に過酷に追いつめられる描写もある骨太な作品なので、
体調と相談した上で、観に行くのをおすすめしたい(笑)です。
私の中では、“園子温監督の『冷たい熱帯魚』越え”した、
今年の邦画No.1です。

10万部のベストセラーになったノンフィクション小説の原作もおすすめ。
(佐藤優の解説もおもしろい)眠れなくなります。

6.jpg
『凶悪―ある死刑囚の告発』新潮45編集部(新潮文庫)580円

映画とは関係ありませんが、『新潮45』の今月号、おもしろかったです!
そうそう、その雑誌記者・藤井役のモデルになった宮本太一さんは、
その後『新潮45』の編集長を経て、現在『週刊新潮』の副部長です。
“藤井”がその後どうなったのか、聞いてみたいなぁ。


ページトップへ

ジョニデの顔芸が凄すぎる!映画『ローン・レンジャー』

 [映画]

suzuki.jpg

校了前で息絶え絶えの、映画担当・鈴木です。
と言いますのも、8月24日発売号より、エンタメページがリニューアルしま~す!じゃじゃーん!
ページ数はダウンしたものの、エンタメ度はアップしてると思うんですが、
どうでしょう。ドキドキ。
みなさんからのご意見・ご感想・ご鞭撻、心よりお待ちしています。

そんな中、エンタメ力炸裂の傑作活劇、
『ローン・レンジャー』を観に行ってきましたよ。ハイヨー!シルバー
1.jpg

……って、掛け声、そういえば、ジブリ映画『紅の豚』でも使われてましたよね?
50年代の人気テレビアニメのリメイクだけに、
西部劇ごっこで育った世代のお父さん、おじいちゃんがいるなら、
一緒に観に行くのが正解かも。
アニメを見たことがない世代が観ても楽しいし、
文字通り子供から、おじいちゃんまで気分が上がる夏休み映画でしょう。
もちろん、おじさま同士で童心に返るのも♪

ただし、長尺です。まさかの2時間半!
でもそこは、ゴア・バービンスキー監督×ジェリー・ブラッカイマー率いる『パイレーツ・オブ・カリビアン』チーム。
『ウィリアムテル序曲』が流れまくる中で展開する壮大なアドベンチャー・アクションが、時間を感じさせません。
少なくとも、始めと終わりのアクション15分は、
『ダイ・ハード』×『パイレーツ』×『大列車強盗』で、気分が上がること間違いなし。
あの手この手でアクションを流れるよう数珠つなぎにしてく中で、
あんなとこやこんなとこまで、白馬に乗って駆け抜けてくキモサベが爽快!
またその白馬も名演なの!ぜひ、最優秀助演雄馬賞をあげたい。
広大な西部荒野の映像も目にしみます。
ラストは、夕陽をバックにした超古典的な“ヒーロー・ショット”というお約束カットもあって、
なんだか、にやにやしてしまいました(笑)
2.jpg

それにしても、「えっ、これディズニー映画だっけ?!」と
思わず確認したくなるほど、バンバン銃が飛び交い、
バタバタと人が死んでいくし、ブラックユーモアもきいています。
そして、またしても白塗りメイクのジョニー・デップの怪演ぶりがシュールで、
鑑賞後、くっきりと残像に残ってしまう(笑)
正直、主役をくってるし、ほぼ主演・ジョニー・デップ作品になっています。おそるべし。
(そろそろノーメイクのデップ様が観たいところですが)

でも、それもそのはず。小耳にはさんだエピソードからは
デップ様の並々ならぬ意欲があったことがわかります。
撮影中、落馬して骨折していたり、
あまりに製作費がかかったため、途中、デップ様が自らギャラのカットを申し出たとか。
トント役の白塗りメイクも、自らの発案のもと、形になったようです。さすが~。
3.jpg

ひとつだけ残念だったのは、
先住民のドラマを描こうとした中盤が中だるみしたこと。
アメリカにとって負の歴史である先住民の歴史を扱っているだけに、
過酷な史実とファンタジー要素満載のアクションの
リアリティのレベルが一定じゃないところが気になりました。
歴史の扱いって難しいですね。

ただし、あの暴走列車のアクションシーンは文句なしに必見なので、
ぜひ劇場で体験してみてください。
これはもうBDじゃ意味がないです!

『ローン・レンジャー』
全国劇場公開中
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
監督:ゴア・バービンスキー
出演:アーミー・ハマー、ジョニー・デップほか
http://www.disney.co.jp/loneranger/home.html
© Disney Enterprises, Inc. and Jerry Bruckheimer Inc. All Rights Reserved.

ページトップへ

安川達也のエンタメ日誌~プレイバック80's

 [映画]

yasukawa.jpg

topgun.jpg
『トップガン』(1986)

goonies.jpg
『グーニーズ』(1985)

stand_by_me.jpg
『スタンド・バイ・ミー』(1986)

back_to_the_feature.jpg
『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(1985)

rocky4.jpg
『ロッキー4』(1986)

このスチールを眺め、
「うわぁあ~懐かしい」「主題歌流れてきた」
「じぇじぇじぇ」と声を出したアナタは
胸キュン番長のワタシ安川と同じく80's LOVER。
ちなみにPART-TIME LOVERは、
スティーヴィー・ワンダーで
“心の愛”な連想ゲーム(©NHK)世代!?

そんな青春80'sジェネレーションを
ハートカクテルに酔わせるキャンペーンが
“プレイバック80's”。

ハリウッド映画スタジオ5社と
Sony Music Japan International
合同キャンペーンで、
Blu-ray、テレビ、CDで
BACK TO THE 80'sしてくれるから、
ウキウキウェイクミーアップで、
気分はビフォーユーGO! GO!?

発売中のデジモノステーション9月号の
センターど真ん中で特集を組んでいるので、
合わせてロックオン(inspired TOP GUN)。

『PLAY BACK 80's』
http://www.playback80s.jp/

プレイバック80'sキャンペーン!
レーベルを越えてもOK!
どれでもBD2枚で3000円!!!
(一部対象外の商品があります)

●ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント
01.jpg02.jpg03.jpg05.jpg
04.jpg06.jpg07.jpg08.jpg
09.jpg10.jpg11.jpg12.jpg
13.jpg14.jpg15.jpg16.jpg
(1)バック・トゥ・ザ・フューチャー(85)
(2)バック・トゥ・ザ・フューチャー2('89)
(3)バック・トゥ・ザ・フューチャー3('90)
(4)ブルース・ブラザース('81)
(5)アウトサイダー('83)
(6)すてきな片想い('85)
(7)遊星からの物体X('82)
(8)スカーフェイス('83)
(9)シー・オブ・ラヴ('89)
(10)愛と哀しみの果て('86)
(11)ブレックファスト・クラブ('86)
(12)ニューヨーク1997('81)
(13)エレファント・マン('80)
(14)バックマン家の人々('89)
(15)ハイランダー/悪魔の戦士('86)
(16)ビデオドローム('85)
単体 各1980円
(5)は2980円でBD2枚キャンペーン対象外

●ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
01.jpg02.jpg03.jpg04.jpg
05.jpg06.jpg07.jpg08.jpg
09.jpg10.jpg11.jpg12.jpg
13.jpg14.jpg15.jpg16.jpg
(1)スタンド・バイ・ミー('86)
(2)ゴーストバスターズ('84)
(3)べスト・キッド('84)
(4)ベスト・キッド2('86)
(5)トッツィー('82)
(6)死霊のはわらた(’81)
(7)セント・エルモス・ファイアー('85)
(8)きのうの夜は・・・('86)
(9)青い珊瑚礁('80)
(10)スターマン('84)
(11)バロン('89)
(12)ブルーサンダー('82)
(13)ガンジー('82)
(14)ラビリンス 魔王の迷宮('86)
(15)アニー('82)
(16)ナチュラル('84)
単体 各2500円

●20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン
01.jpg02.jpg03.jpg04.jpg
05.jpg06.jpg07.jpg08.jpg
09.jpg10.jpg11.jpg12.jpg
13.jpg14.jpg15.jpg16.jpg
(1)ロッキー3('82)
(2)ロッキー4('86)
(3)ダイ・ハード('89)
(4)レインマン('88)
(5)007 リビング・デイライツ('87)
(6)デルタ・フォース('86)
(7)007 美しき獲物たち('85)
(8)ナイルの宝石('86)
(9)プラトーン('87)
(10)プレデター <特別編>('87)
(11)恋人たちの予感('89)
(12)ロマンシング・ストーン 秘宝の谷('84)
(13)エイリアン2('86)
(14)ザ・フライ('87)
(15)ウォール街('88)
(16)コマンドー<日本語吹替完全版>コレクターズBOX
〔10,000セット数量限定生産〕Blu-ray&DVD3枚組('86)
単体 各2500円
(16)は6490円でBD2枚キャンペーン対象外

●パラマウント ・ジャパン
01.jpg02.jpg03.jpg04.jpg
05.jpg06.jpg07.jpg08.jpg
09.jpg10.jpg11.jpg12.jpg
13.jpg14.jpg15.jpg16.jpg
(1)トップガン 3D&2Dブルーレイセット('86)
(2)フットルース('84)
(3)ビバリーヒルズ・コップ('85)
(4)ビバリーヒルズ・コップ2('87)
(5)ゴースト/ニューヨークの幻 スペシャル・コレクターズ・エディション('90)
(6)愛と青春の旅だち('82)
(7)アンタッチャブル スペシャル・コレクターズ・エディション('87)
(8)ブラック・レイン デジタル・リマスター版
ジャパン・スペシャル・コレクターズ・エディション('89)
(9)星の王子ニューヨークへ行く('88)
(10)スター・トレックII カーンの逆襲/リマスター版スペシャル・コレクターズ・エディション('82)
(11)デイズ・オブ・サンダー('90)
(12)ゴッドファーザー PARTIII <デジタル・リマスター版>('90)
(13)レッド・オクトーバーを追え! スペシャル・コレクターズ・エディション('90)
(14)レッズ('81)
(15)愛と追憶の日々('83)
(16)危険な情事 スペシャル・コレクターズ・エディション('87)
単体 各2500円
(5)(7)(8)(12)(16)は2980円
(1)は4935円でBD2枚キャンペーン対象外

●ワーナー エンターテイメント ジャパン
01.jpg02.jpg03.jpg04.jpg
05.jpg06.jpg07.jpg08.jpg
09.jpg10.jpg11.jpg12.jpg
13.jpg14.jpg15.jpg16.jpg
(1)グーニーズ('85)
(2)コブラ('86)
(3)ムーンウォーカー('88)
(4)バットマン('89)
(5)ポリスアカデミー('84)
(6)グレムリン('84)
(7)ブレードランナー クロニクル('82)
(8)リーサル・ウェポン('87)
(9)リーサル・ウェポン2 炎の約束('89)
(10)エルム街の悪夢('86)
(11)エルム街の悪夢 2 フレディの復讐&エルム街の悪夢 3 惨劇の館('87/'88)
(12)エルム街の悪夢 4 ザ・ドリームマスター最後の反撃&エルム街の悪夢 5 ザ・ドリームチャイルド('89/'90)
(13)フルメタル・ジャケット('88)
(14)タイタンの戦い('81)
(15)ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ('84)
(16)アマデウス ディレクターズカット('85)
単体 各2500円

(カッコ内の数字は日本公開年)
●<どれでもBD2枚で¥3,000>
キャンペーンの実施の有無については、
お求めの店舗にお問い合わせください。

CD-No180sMovieHits2.jpg
史上最強の80'sサントラコンピ!
全33曲、感動の第2弾発売中!
『ナンバーワン・エイティーズ ムービー・ヒッツ2』
CD 3150円(2枚組)
Sony Music Japan International
(2013年発表)


CD-No180sMovieHits.jpg
ロングセラーのシリーズ第一弾!
80's洋画王道の名曲がズラリ32曲!!
『ナンバーワン・エイティーズ ムービー・ヒッツ』
CD 3150円(2枚組)
Sony Music Japan International
(2010年発表)



タグ:80's
ページトップへ

女の子とは一緒に行かないほうがいい夏の映画

 [映画]

masuko.jpg

今年夏休みに公開されるハリウッド映画はどうも男子心が反応する作品が多いなと気になっている、玩具&ガンダム担当の益子です。

『パシフィック・リム』(8月9日公開)は巨大ロボvs怪獣。
『ワールド・ウォーZ』(8月10日公開)はゾンビ。
『マン・オブ・スティール』(8月30日公開)はアメコミ。

中でも『パシフィック・リム』はこのヴィジュアルを見て、「これ、ガンプラのパッケージ構図だろ!」と心の中でツッコミを入れ、担当としては居ても立ってもいられず試写会へ行ってきました。

01.jpg

ストーリーは“ほぼない(笑)”と言っていいほどの「巨大ロボ vs 怪獣」映画。
ですが……ファーストカットのKAIJU(怪獣)がサンフランシスコを壊滅させるシーンからがっつりやられます。

戦闘スーツ装着シーン
巨大ロボへの搭乗シーン
出動シーン
怪獣とのバトルシーン

日本に住む男子ならば既視感を憶えるシーンの連発連発連発。
かつて見たスーパーロボットものや怪獣ものを引き合いにし、「あのシーンは○○○だろ」「あの設定は×××でしょ」と、終演後に友人と話したくなること間違いなし。
会ったこともない年上監督に、「こいつわかってるな」と上から目線に。

決して「パクり」ではない、日本のアニメや特撮に多大なる影響を受けたと言うスペイン人(ヲタク)監督の「オマージュ」。
愛情と敬意に満ち溢れた演出と猛烈なハリウッド資本による最新CGに、あとちょっとで失禁するところでした。


全男子必見!!!

『パシフィック・リム』は男子カタルシスのみで構成された映画でしょう。
女性が『セックス・アンド・ザ・シティ』を男性と観に行かなかったように、男子は男子と共にこの映画を観に行くことを強くお薦めします。
女性からこの映画について聞かれたら、「『パシフィック・リム』は男性版『セックス・アンド・ザ・シティ』だから」とお伝えください(たぶん伝わらないだろうけど)。


もう1つ、ガンダム担当として気になるのが、日本語吹き替え版。
パイロット2人の声を、杉田智和と林原めぐみが。
司令官役に玄田哲章(『トランスフォーマー』のコンボイ!)。
古谷徹、池田秀一も共演しているということで、日本語吹き替え版も観に行くことにしました。
日本のスタッフの方もよくわかってらっしゃる(笑)。


02.jpg03.jpg04.jpg
『パシフィック・リム』

人類に残された道は2つ。「絶滅」するか「戦う」か…!
2013年、太平洋の深海から突如出現した未知なる巨大生命体に、世界中の大都市が次々と破壊され、人類は絶滅の危機に晒される。
甚大な被害を受けた人類は、巨大生命体と戦うため、英知を結集して人型巨大兵器 “イェーガー”を開発する。
“イェーガー” は、次々と現われる巨大生命体の侵攻を食い止めることができるのか?
果たして人類の下した決断、そして運命は…!

監督:ギレルモ・デル・トロ
脚本:トラビス・ビーチャム
キャスト:チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、菊地凛子、ロン・パールマン、芦田愛菜 他

2013年8月9日(金)より、新宿ピカデリー、丸の内ピカデリー他で3D/2D同時公開
配給:ワーナー・ブラザース映画

©2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND LEGENDARY PICTURES FUNDING,LCC

ページトップへ

執筆陣

デジモノステーション編集部スタッフ

二代目編集長です
八島編集長

編集部歴11年の古参編集者
石田副編集長

ビジュアル機器・ケータイ・PC統括
副編です
岡部副編集長

心はいつでもニュージャージー!
安川デスク
担当:音楽・映画

自称・コーディネーター
益子
担当:グラビア/玩具/ガンダム

草食系を軽く越えた草系男子
吉田
担当:携帯電話/ゲーム

乗り物大好きな元キックボクサー
増谷
担当:クルマ全般/電動アシスト自転車

“おもしろカッコいい”こそが正義!

担当:テレビ/レコーダー

何でもポイントは「楽しさ」!
玉造
担当:オーディオ/ビデオカメラ

遅れてやってきた新米アラフォー編集者
加藤
担当:デジタルカメラ/オーディオ

No Cinema, No Life.
鈴木
担当:映画

気持ちは常に新人
小林
担当:パソコン/タブレットPC

カレンダー


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。