So-net無料ブログ作成

編集部ブログ RSS

スタッフ紹介


安川達也のエンタメ日誌~【完全記録 山口百恵】制作日誌(2)

 [書籍]

yasukawa.jpg

構想3年。
作業1年と絶賛継続中。

伝説から神話となって語り継がれる
永遠のアーティスト・山口百恵の
約8年間の軌跡を綴る
完全記録「山口百恵」。

担当編集者として、
前回Blogでその経緯を記したけれど、
百恵さん引退当時10歳の小学生が
どうして今になって……という声を
嬉しいことにたくさん頂いたので、
この場を借りてもういちど、
あの昭和にプレイバック!

001.jpg
 1980年10月5日・日本武道館。
 完全記録「山口百恵」第3章掲載。

これは以前、本誌コラム
あのコロに、胸キュン。でも
書いたことがあるのだけれど。

百恵さんの“故郷”は神奈川県・横須賀だ。
21歳の引退コンサートステージ上でも
「実際には6年間しか住んでいないけど全ての原点」
と語っている彼女にとっては特別な街。

僕が山口百恵=横須賀を意識したのは、
6歳離れた長兄が
山口百恵のアルバム
『百恵白書』(1977年5月21日発売)
に収録されていた楽曲
「I CAME FROM 横須賀」を教えてくれてからだ。

百恵白書.jpg
 山口百恵
 『百恵白書』
 発売中
 2100円
 Sony Music Direct



三浦半島から東京中心までを貫く、京急。
駅名が散りばめられたクールな歌謡曲だった。
作詞:阿木燿子、作曲:宇崎竜童の黄金タッグ。
横須賀、汐入、追浜、金沢八景、金沢文庫、
上大岡、井土ヶ谷、日の出町、横浜、鶴見……
京急の駅を辿りながら上京していく
スリリングな歌詞だった。
♪駅の名前をソラで言えるの~と
曲の中で歌う百恵さんに対して、
2つ上の次兄と僕は京急全駅の名前を
全部憶えてしまった。あ~懐かしい!

当時の住まいは
南横浜「上大岡」の隣で、
ドン行しか停まらない駅の目の前だった。
♪快速特急 音を立てる~。
歌詞の中同様に通過されてしまうのは、
子供ながらに悔しかったが、
真っ赤なポルシェならぬ
真っ赤な電車で百恵さんと
繋がっているような気がして
子供ながらに嬉しかった。

現在、京急では
快速特急が停まる主要駅では
電車接近メロディとして、
ご当地ソングが使われている。
横須賀中央駅は言わずもがな
山口百恵さん最大のセールス曲
「横須賀ストーリー」だ。

いま。
その横須賀中央駅のホームには、
【完全記録 山口百恵】のポスターを
貼ってもらっている。

山口百恵さんにとって
横須賀が原点であると同時に、
完全記録「山口百恵」
担当編集者としての
僕の原点もあのライン上にある。

横須賀駅1.jpg横須賀駅4.jpg
 1月22日(日)までホーム貼り出し予定の
 完全記録 「山口百恵」のポスター。


つづく。

商品写真.jpg
 完全記録「山口百恵」
 限定予約発売中!
 予約締切り2月7日(火)!!
 http://www.catchbon.jp/m/item/itemShw.php?site=B&ima=2336&cd=AAA399
ページトップへ

執筆陣

デジモノステーション編集部スタッフ

二代目編集長です
八島編集長

編集部歴11年の古参編集者
石田副編集長

ビジュアル機器・ケータイ・PC統括
副編です
岡部副編集長

心はいつでもニュージャージー!
安川デスク
担当:音楽・映画

自称・コーディネーター
益子
担当:グラビア/玩具/ガンダム

草食系を軽く越えた草系男子
吉田
担当:携帯電話/ゲーム

乗り物大好きな元キックボクサー
増谷
担当:クルマ全般/電動アシスト自転車

“おもしろカッコいい”こそが正義!

担当:テレビ/レコーダー

何でもポイントは「楽しさ」!
玉造
担当:オーディオ/ビデオカメラ

遅れてやってきた新米アラフォー編集者
加藤
担当:デジタルカメラ/オーディオ

No Cinema, No Life.
鈴木
担当:映画

気持ちは常に新人
小林
担当:パソコン/タブレットPC

カレンダー


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。