So-net無料ブログ作成

編集部ブログ RSS

スタッフ紹介


ハンブラビ(というよりヤザン)が好き。

 [ホビー]

masuko.jpg

兼任している音楽誌での仕事で、先程、小説1冊を校了させたばかりのガンダムグッズページ担当の益子です。
さっきまでファンタジックな小説と向き合っていた直後に、ガンプラについて書くという、この振り幅のある仕事は嫌いじゃありません。

7月25日発売の『デジモノステーション9月号』では、8月に発売されるガンプラ『HGUC ハンブラビ』を紹介します。

編集会議で、“ファースト原理主義”の編集長からは「そんなに言うんならやってもいいよ」くらいなテンションで掲載の許可をもらったハンブラビ。

MS形態は古いタイプの宇宙人みたいだし、MA形態は魚のエイみたいだし。
巨匠・永野護によるデザインとは言え、キュベレイのように高い評価を得ていることはないので、編集長のテンションもわからんでもないのですが……。
(ちなみに編集長的至高のかっけーロボは「エルガイムMk-II」です)

なぜこの蒼き機体を掲載したかったのかというと、ハンブラビというよりも、それに搭乗していたパイロット「ヤザン」が猛烈に好きだからです。

物語上では、ずる賢く、粗野で口が悪く、時には味方を陥れるヒールなキャラクターですが、とにかく強い。
そして、強いのに、ニュータイプじゃない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(Wiki先生もこう仰ってます)

『機動戦士Ζガンダム』にて、ヤザンは調整
不足のギャプランを強化人間のロザミア・バ
ダム以上に使いこなし、Ζガンダム搭乗のカ
ミーユを圧倒している。
ヤザンがニュータイプであるという言及はな
い。それにも関わらず、第32話「謎のモビル
スーツ」ではハンブラビを駆り、ニュータイ
プであるカミーユをここでも圧倒し、あわや
Ζガンダムを撃墜寸前に追いやっている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

実生活において、スポーツ、音楽、勉強などを、センスだけで易々とこなしちゃうヤツっているじゃないですか。
この人たちは「ニュータイプ」です。
で、そんなセンスを持ち得ないワタクシのような「オールドタイプ」だけど、「ニュータイプ」と戦う方法はあるーーということを、ヤザンは教えてくれました。

そのヤザンが乗り、主人公機であるZガンダムや百式を追い込んだこのハンブラビは、ルサンチマンを爆発させることの象徴のようなMSなわけです。

そんな思いを込めて、このガンプラを作り、飾れば、心はいつもジャイアント・キリング!

夏休みに鋭気(ダークサイドな)を養うのに、『HGUC ハンブラビ』はいかがでしょうか?


↓メインカット撮影の合間にiPhoneで撮りました。カッコイイ!!!
0711.jpg
バンダイ ホビー事業部
HGUC
RMS-139 ハンブラビ

■1/144スケール プラモデル
■価格:1785円
■8月発売

ページトップへ

執筆陣

デジモノステーション編集部スタッフ

二代目編集長です
八島編集長

編集部歴11年の古参編集者
石田副編集長

ビジュアル機器・ケータイ・PC統括
副編です
岡部副編集長

心はいつでもニュージャージー!
安川デスク
担当:音楽・映画

自称・コーディネーター
益子
担当:グラビア/玩具/ガンダム

草食系を軽く越えた草系男子
吉田
担当:携帯電話/ゲーム

乗り物大好きな元キックボクサー
増谷
担当:クルマ全般/電動アシスト自転車

“おもしろカッコいい”こそが正義!

担当:テレビ/レコーダー

何でもポイントは「楽しさ」!
玉造
担当:オーディオ/ビデオカメラ

遅れてやってきた新米アラフォー編集者
加藤
担当:デジタルカメラ/オーディオ

No Cinema, No Life.
鈴木
担当:映画

気持ちは常に新人
小林
担当:パソコン/タブレットPC

カレンダー


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。